保育求人オープニングの事情について詳しく知ろう

保育園のオープニングスタッフは、数ある保育求人の中でも給料が高く設定されることが多く、人間関係のわずらわしさが無いことから、求職中の様々な立場の保育士に人気があります。特に、経営状態が良い事業者が運営する保育園を職場に選ぶことで、安定収入を得られるのはもちろんのこと、研修を通じて保育業務に役立つスキルを磨くことが可能です。

(静岡県の保育士求人の傾向は?「子ども・子育て新制度」について)

保育業務の経験がない人も採用されやすい

新規開園の日時が近づいている各地の保育園の中には、園内の規模によりますが、一度に十人以上のオープニングスタッフの募集をしているところが少なくありません。特に、都市部の大規模の保育園においては、大勢のスタッフを迎え入れるために、保育業務の経験がない人も採用されやすい傾向があります。

そのため、経験の面でハンデを感じることなく保育業務に励みたい人は、早いうちから希望のエリアのオープニングスタッフの募集の有無についてチェックすることがおすすめです。最近では、保育求人を専門に扱う求人サイトやアプリなどにオープニングスタッフの求人を掲載する事業者の数も増えています。

そうした中、勤務地や労働条件などにこだわって職場選びをしたい人は、日ごろから就職活動に役立つツールを利用してみると良いでしょう。また、オープニングスタッフの採用条件については、それぞれの事業者の方針や業務内容、役職などによって違いがあるため、求人情報をもとに自分の力を発揮できそうなところを見極めましょう。

なお、業務未経験の人が無理なく保育業務を担当できるようになるには少し時間が掛かるため、働きながら成長できる環境が整っている保育園を探すことが重要です。

園長や主任保育士の経験がある人は初めから高待遇で働ける

自治体や民間の保育園において、過去に園長や主任保育士などの役職の経験がある人は、オープニングスタッフとして初めから高待遇で働くことが可能です。中でも、園児の数が百人を超える大型の保育園でのキャリアが長い人については、有利な条件で給料の交渉ができるケースがあるため、面接の際に積極的に採用担当者と話し合いをすることがおすすめです。

また、園長や主任保育士といった役職者に求められるスキルや適性、キャリアについて詳しく知っておきたいことがあれば、各地で開催されている求職者を対象とした就職相談会などの機会を利用したり、同じ年代の人と意見交換をしたりすることが大切です。

一般的に、園長や主任保育士の手当の金額が高めに設定されているオープニングスタッフの求人については、多くの求職者からの応募が殺到することがあるため、余裕を持って書類選考や面接に向けて準備を始めることが肝心です。

その他、園長や主任保育士の保育現場における役割は、園児の受け入れ人数や保育士をはじめとするスタッフの配置などによって異なります。そのため、就職後に悩まないためにも、じっくりと自分の能力や経験が役立つ職場を選択する必要があります。

経営状態が良い事業者が運営する保育士の求人に目を通しておこう

保育士のオープニングスタッフの求人に応募をする際には、求人サイトや各地の保育園の公式ホームページなどを通じて、経営状態が良い事業者が運営する保育園について詳しく知ることが大事です。たとえば、長年にわたり保育業界で実績を上げている事業者の中には、優秀なオープニングスタッフを獲得する目的で、近隣の他の保育園と比べて数万円ほど高い基本給を設定しているところも少なくありません。

また、土日祝日や夕方以降の業務を担当する保育士に対して特別な手当を支給したり、年間のボーナスの回数を増やしたりする事業者の数も増えています。待遇の面でも不満なく同じ保育園で働きたい人は、色々な事業者の保育求人の条件の良し悪しについて慎重に判断をすることがおすすめです。

なお、保育園のオープニング当初から保育業務に携わっている保育士の働き方について興味がある時には、早い時期から身近なところにある評判が良い保育園の見学を申し込んだり、保育業界の就職相談会などに足を運んだりすると良いでしょう。

勤務開始前に丁寧な研修を受けられる保育園を見つけよう

保育園のオープニングスタッフの求人選びに悩んでいるときには、常に質が高い保育を実践するために、勤務開始前に丁寧な研修を受けられる保育園の求人を探してみましょう。

また、保育園をはじめとした施設での経験がない人や、様々な理由で現場を離れていた人については、一通りの業務をマスターできるまでに数か月から一年ほどの期間が必要となることがあります。

そのため、保育士として順調にスキルアップを果たしたい人は、一人ひとりのスタッフへの継続的な研修制度を導入している保育園で経験を積むことが肝心です。オープニングスタッフを対象とした研修の良し悪しについては、転職経験が少ない人にとって判断が難しいこともあります。

そうした中、研修制度を重視して就職先を決めたい時は、必要に応じて各地で高く評価されている人材紹介会社に相談をして、いくつか自分に合った求人を紹介してもらうのも有効です。

定期的にしっかりと休みが取れる保育園を探そう

保育園のオープニングスタッフは、早朝から夕方まで開園準備に関わる全般的な業務を担当することがあり、勤務先によっては体力面の負担が大きくなったり、思うように休憩時間が取れなかったりすることもあります。特に、小規模の保育園においては、限られた人数の保育士が開園準備をこなさなければならないケースが多くあるため、時間を掛けてなるべく働きやすい職場を見つけることが重要です。

最近では、保育士の業務の負担軽減を目的として、大人数のオープニングスタッフの募集をする保育園もあるため、求人選びの際にスタッフの配置が適切な保育園についてリサーチをするのがおすすめです。また、シフト制の保育園においては、土日祝日に休みが取れるとは限りません。

そこで、就職後の労働条件に関する様々な問題を防ぐうえで、求職中に自分のライフスタイルに合う働き方を選択できる保育園を見つけることが何よりも大切です。

オープニングスタッフとして生き生きと働ける保育園を探すには

新設の保育園でオープニングスタッフとして勤務をする場合には、待遇や人間関係、研修制度など様々な面でメリットがあります。一方で、園内のスタッフの配置によっては、開園準備や開園後の保育業務の負担が大きくなることもあるため、保育求人の専門の求人サイトを使ったり人材紹介会社を頼ったりして、安心して働ける環境が整っている職場を探しましょう。

参考資料→保育求人:ASUKAhttps://g-asuka.co.jp/job-info/